テーマ:

3泊4日の思い出

久し振りの東への旅に・・盛りだくさんのスケジュール 孫に会いに水戸へ 先日作ったパンツのサイズがぴったりで安心^^ おみやげは・・エルメスバック☆^^? 習った料理の伝授~夕食作り・・・好評でも孫には不評^^; 二年前くらいに初めて受けたレッスンに二度目の参加 洗練されたTC…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

リビングルームからはじまる 優しい時間

Living Room Cafe   写真のワークショップ グループ展           with カルトナージュ vol.5 期待どうりのTOKO先生ワールドへ旅に行ってきました 総勢45名の皆様の思いを表した世界 関西のグループ展の4倍+αのパワーがひしひしと伝わって 圧倒されました カラーチャー…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

面影をたずねて・・

帰国の日は文句なしの晴れ・・後ろ髪ひかれる思いでさようなら まあ・・人生晴れたり曇ったりと思うようにはいかない 韓国といえば・・そうヨン様に会えるかもしれない場所は外せないですね 向かう途中、地下鉄で尋ねた紳士は・・私達の降りる駅で 降りて(降りる駅では無いのに) なんと道案内していた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Seoul②

2日目  雨あがるも、風強し・・寒さで震える 旅慣れた友人は完璧の服装 さらに準備万端で・・カイロも用意 ありがたく背中に張ってもらい身も心も暖かくなる・・カムサハムニダ 昌徳宮 (チャンドックン )  世界遺産 【昌徳宮は1405年、正宮である景福宮の離宮として建造された宮殿で…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Seoul

韓国2泊3日覚書 一日目 ソウル(雨) 大雨・・風・・震え上がる寒さの中・・いざ 景福宮 (キョンボックン) へ 李朝時代の正宮・景福宮 ソウル市内にある5大王宮の中でも最も規模が大きく、建築美に優れた宮殿 宿泊先 ホテルロッテ蚕室(チャムシル) の為 初めての地下鉄経験 殆ど友人…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

初心者の買い物

フランス初心者のお買い物~はとりあえず焦るので失敗後悔も 多い今回の旅 一部公開(後悔)< 下準備も無し・・まずは必ず買いたかったエッフェル塔 欲しかったのはアンティークなのに・・なぜかキリン(孫の顔が浮かぶ^^) クッキーは成城石井にフランスより安いくらいで売ってま…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

美しき・・・パリ

最後の・・美しきフランス  パリ 半日観光 バスより・・エッフェル塔・凱旋門・コンコルド広場 やはりもっと近くで見たかったエッフェル塔・凱旋門 オルセー美術館見学 ここでは現地の案内のおじさんがいました とてもユニークな楽しい方でした~ モネの絵の前で・・    「はい、これは何を描こうと…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

美しき・・・⑫

サンマロよりルーアンへ ノルマンディー公国の首都として栄えたルーアン ジャンヌダルクが19歳という若さで処刑された都 近代建築のジャンヌダルク教会 目に見えるような窓は中では魚を描いているそうです ノートルダム大聖堂(ゴシック) モネはこの部屋で 光の変化により印象を…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

美しき・・⑪

モンサンミシェルといえばオムレツですね ラ・メール・プラール 「プラールおばさん」モン・サン・ミシェル名物のオムレツを考案 昼食 サンマロへ 石造りの町並みとそれを取り巻く頑丈な城壁をバスより眺め ホテルへ到着 (旅の疲れがでてホテルで休憩・・友人は夕食後見学へ) 夕食…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

美しき・・・⑩

いよいよ今回の旅で一番見てみたかった場所 モンサンミシェル(大天使聖ミカエルの山) サン・マロ湾上に浮かぶ小島に築かれた修道院 カトリックの巡礼地 この幻想的なモンサンミシェルへ バスより~「皆さん~見えてきましたよ!」と添乗員さんの声 何も無い平地に突然現れる 小さいモンサンミシェルが見えてきた時 歓声 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

美しき・・・⑨

古城見学の後は・・ 古城ホテルへ シャトー・ド・シッセィは、シャルル7世の治世(15世紀中期)に、領主の居城として築かれました。 シャルル7世も、その後継者となったルイ11世も、 たびたびこの城に逗留していたといいます。 城はその後、中央と地方で権力をふるった貴族たちの手を経、近代に入ってからは、数…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

美しき・・・⑧

ボルドーよりTGVでサンピエール駅まで~ 昼食   鴨料理 ロワールの古城巡りへ アンポワーズ城   (宗教戦争の舞台となった) 鴨は近づいても逃げずにモデルに~ こちらは残念ながら対岸より眺めるだけでしたが・・ こちらの木陰にダ・ヴィンチ像 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

美しき・・・⑦

カルカッソンヌ城壁内のホテル泊            ロビーにて カルカッソンヌよりサンテミリオンへ 旅行中初めての本格的な雨になるが・・ バスを降りる時は止んでいるという~皆さん晴れ女 天候雨ながらもあまり困ることもなく旅は続く・・ ワイナリー…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

美しき・・・⑥

ポン・デュ・ガール(Pont du gard) 約2000年前に作られた三重のアーチが美しい水道橋の 一部が遺跡として残っています (ローマ人の土木技術) 古代ローマの都市ネマウスス(現在のニーム)では人口が増え、大浴場などの公共の施設で使う水が不足し、水源地のユゼスから水を引く必要に迫られました。しかし…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

美しき・・・⑤

アヴィニョン Avignon 法王庁 LE PALAIS DES PAPES ローマからローマ法王庁がアヴィニョンに移転して宮殿兼城塞 7人の法王が即位(1309~1377) 10基の塔を巡らした堅牢な外壁でかこまれ、面積1万5000㎡、高さ50m この宮殿で7人の法王が贅沢な日々を送ったと言われて…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

美しき・・・④

Eze エズ 村 岸壁に貼り付いているような村 襲撃を避けるために作られた鷲の巣村。 今回の旅で3番目に楽しみにしていた場所 実際に住むには大変そうです・・でもこの地中海・絶景の為なら 住んでみたいと思わせる場所でした 中世の生活を垣間見るよう・・そこから 中世の人達が現れそうな・・・空間 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

美しき・・・③

モナコへ 世界で2番目に小さい国(皇居の約2倍くらい) 人口約32000人で 80%は外国人 モナコ人約20% 国中に監視カメラがついていて何かあると数分以内に かけつけるそうです  安全な国 海とフランスに守られたような国  世界中の億万長者ちがこの国に集まってくるそうです   モナコ大聖堂にて…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

美しき・・②

シャガールの美術館(Musee national Message Biblique Marc Chagall) 旧約聖書を主題とした非常に大きなサイズの絵 他に、タピスリー、ステンドグラス、モザイク シャガールは17点から連作『聖書のメッセージ』をフランス国家に寄贈した。マルローはこの連作を含むシャガールの作品を展示するた…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

美しき・・

ド・ゴール空港着 (シャルル・ド・ゴール国際空港は、前フランスの軍人・大統領のシャルル・ド・ゴールさんにちなんで名付けられたフランスの首都パリの国際空港) 乗り継ぎ・・ニース着 時差7時間・・深夜に起きてると一瞬考えるが、 友人の「考えないで現地にあわせたほうがよい」とのアドバイスで (逆算するのも面倒になり・…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

食事編

旅の食事記録 機内食・・散らし寿司 お昼・・ロッテホテル内で日本食(天ぷらうどん) 「あわび粥専門店ファジンチョンボク」にて夕食 肝いりあわび粥  やや緑がかった色で濃厚 あわびのバター焼き  柔らかく美味 2日目  朝食 肝無しのあわび粥 あっさりとこちらも美味 昼食  黒豚の焼…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

撮影場所

見てる人のお楽しみ・・撮影場所 こちら・・何度も登場する橋ですね コムル村 山奥にあるという設定のゴムル村。「太王四神記」の中で、玄武の子孫であるゴムル族が住んでいるところです。幼くして両親を亡くした男の子たちを村に連れてきて育て、神物を守り、“チュシン王”が生まれた場合、チュシン帝国を再建するよう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

装飾

              談德(ダムドク)ベット ベットと言っても・・昔ですから硬い板の上です               天井装飾               王様の椅子(後ろより)                 前からの写真はピンボケで・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パークサザンランド

二日目・・・快晴 総勢6名ワゴン車を一日貸切 約12時間・・日本語の達者なアジシーとともに観光・食事 太王四神記      歴史ファンタジードラマ「太王四神記」オープンセット場 パークサザンランドへ(入場料8000ウォン) 1500年ほど前の高句麗時代を代表する宮殿“国内城”を、歴史的記録を元に忠実に再現して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソプチコジ(渉池岬)

ソプチコジ(渉池岬)・・・二日目 絶好のお天気にも恵まれ、寒くも無く・・暑くも無く 美しい空と海・・堪能しました 東側海岸の外れにあ ります。 「ソプチ」はこの地域の昔の名前で、 「コジ」は済州の方言で突き出した地形(岬)を指す言葉です。 白くみえるのは「塩」 他の海岸とは違ってソンイという…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

Jeju

済州島のシンボルのトルハルバンがお出迎え (トル=石  ハルバン=おじいさん) 集落の入口を表す位置標識の機能を果たして来た済州島伝統の石造造形物 形と表情は少しずつ異なる。大きい目、鼻。唇は閉じた顔で、韓国伝統の帽子(モジャ)をかぶり、両手を腹部で合わせるのが共通の特徴。街の入口などに立てられ守護神ともトルブチョ(石…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Hotel Lotte Jeju

済州島2泊3日旅行覚書 快晴 済州島 淡路島の約3倍・55万人・島一周は車で7時間半、歩くと4日間 韓国で最も美しい島(韓国唯一のミカンの産地・・韓国本土へ日本にも 輸出・北朝鮮へは無償で送ってるそうです) 宿泊先・・ロッテホテル済州へ 世界5大ホテルの一つにも数えられたリゾートホテル「The Pala…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more